英語が使えるバイトでお金をもらいながら英語力を上げる!

こんにちは!英語ライフサポーターのぬまたゆみです。

もしあなたが英語を勉強中で、実践で使える英語が話せるようになりたい!と思っているのであれば、英語が使えるアルバイトを探してみるのはいかがでしょうか?

これから外国人がどんどん増える日本では、英語が使える仕事が増えることはもちろん、英語が話せる人は積極的に採用されるでしょう。

まずは今のあなたの英語力を生かしてできるアルバイトを探してみましょう。

英語の実践練習をしながらお給料ももらえるなんて、一石二鳥ですね。

はたらくどっとこむなどで探すと、英語が生かせるアルバイトが見つかりますよ。

それでは次に、どんなアルバイトで英語が生かせるのかみてみましょう。

英語が使えるアルバイト

英語を生かせるアルバイトといっても様々なものがあります。

・ホテル、旅館

・レストラン

・英語講師

・通訳、翻訳

・空港スタッフ

・お土産屋さん

特に外国人の多く集まる空港や観光地などは実際に外国人と英語が使える頻度が高いと言えます。

次に、実際に英語を使ったアルバイトをしたマイさんの経験談を聞いてみたいと思います。

あなたの英語バイト歴を教えてください!

私は大学の夏休みの間、1ヵ月ほど観光関係の仕事をしたことがあります。

地元で募集していたのです。

現役大学生で英語が得意な人なら誰でも応募可能でした。

アルバイト採用ということもあり、あまり細かな応募条件はありませんでした。

長期間働ける人は大歓迎ということでしたが、まずは試しに夏休みの間だけでもいいか聞いてみたところ、それでもいいというお返事でした。

もし1ヵ月やってみて気に入り、学業に差し支えないようならそのまま続けてみてもいいかなと思いました。

結局、夏休みの間だけにしたのは、学業との両立に自信がなかったからです。

1ヵ月しかできなくてもいろいろと勉強になることはありました。

何よりも楽しく仕事ができたところが良かったです。

英語が使えるアルバイトの仕事内容は?

観光関係の仕事と一口に言ってもいろいろあります。

私の場合は英語を活かした仕事ということだったので、観光で英語を活かせる仕事というと、当然通訳になります。

しかし、まだ学生なので本格的な通訳はできません。

それなのに通訳の仕事が務まるのかどうか、自信はありませんでした。

実際に現場にはプロの通訳の方がいました。

ツアーでやって来る外国人はたいてい通訳の人がついているので安心です。

私のような学生通訳の出番というのは、ちょっとした時のことです。

個人で来日している外国人に道を聞かれた時などに対応するくらいでした。

道を聞かれる程度なら説明できるので何とかなりました。

特に夏休みの間は海外からの観光客も多かったですし、実際に初めて英語を使って仕事をするという分には、私にとってちょうど良い仕事量でした。

なぜその仕事を選びましたか?

英文科を選択していたこともあり、これまで学習してきたことが本当に役立つのかどうか確かめてみたかったからです。

本当は海外留学をしたり、ホームステイをしたりといったことの方が効率的なのかもしれません。

しかし、そんなお金はありませんでした。

そこで手っ取り早い方法として地元で英語を活かせる仕事がないかどうか調べてみたのです。

期間限定でそんな好条件のアルバイトがあるとは思ってもみませんでした。

後で雇い主に聞いてみたところ、雇う側としても初めての試みだったそうです。

思っていたよりも働きぶりを気に入ってもらえたので、役目を果たせたようでホッとしました。

自分の英語の実力を思い知らされることもありましたし、当初の目的通りでした。

英語が使えるバイトをして良かったこと

いろいろな外国人と話せたところが良かったです。

どんな国の人でも最終的には英語が主流になることを知りました。

とりあえず英語さえできれば会話は何とかできますし、相手のことも分かります。

基本的な会話はできるようにしておいた方がいいと思いました。

今回の仕事は道順を教えるということが主だったので、地元の地理にも詳しくなりました。

外国の人に分かりやすいようにゆっくり丁寧に発音することも大事です。

また、言葉が通じなかったとしても身振り手振りをまじえると、案外、通じるものだということも分かりました。

コミュニケーションがとても大切です。

伝えたいと思っていると伝わります。

私も海外に行った時には同じような状況になると思うので、この仕事を通じて色々参考になりました。

今から英語が使えるアルバイトをしたい方へのアドバイス

今から英語を活かしたアルバイトをしたいという人は、自分の英語レベルをよく確認しておくことも大事です。

私の場合、道を教える程度ならできましたが、専門用語などが必要になる本格的な通訳はまだできません。

例えば外国人も交えた会議の通訳などは全くできないのです。

チャレンジ精神はとても大切ですが、できないことを無理にやるのは負担がかかりますし、何よりも雇用主にも迷惑をかけてしまいます。

まずはできそうなものから始めるといいと思います。

それにはアルバイト情報をじっくり収集しましょう。

実際に体験したことのある人の話を聞いたり、インターネットで情報を集めたりすることはとても大事です。

また、いろいろな仕事にチャレンジするのもいいと思います。

学生でも英語が使えるアルバイトが見つかる!

マイさんは大学で英文科を専攻しているということもあり、英語を使えるアルバイトを夏休みに探してみたところ、道案内程度の通訳の仕事を見つけたとのことでしたね。

探してみると、英語を使ったアルバイトは案外多いもの。

外国人観光客が年々増加している観光地が近ければなおさらです。

大学生であれば、自分の英語が授業以外で通じるのか、実力を試す絶好の機会とも言えます。

英語が使えるアルバイトと言えば観光地が一番です。

はたらくどっとこむは観光地でのアルバイト数がとても多く、「旅するようにバイトする。」がコンセプトのリゾートバイト大手サイトです。

リゾートバイトなら、夏は沖縄の海を堪能しながら、冬はニセコでウィンタースポーツを楽しみながらアルバイトをすることも可能です。

観光地には外国人も殺到するので、実践的な英語力を磨く絶好の機会にもなります。

短期からでも受け付けているようなので、ぜひ面談に行って話を聞いてみるのも良い選択になると思いますよ。

働きながら、同時に英語力も磨いてしまいましょう!

はたらくどっとこむを詳しく見てみる!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。