【ワーホリでドイツに行きたい人に読んでほしい!】ワーホリで人生を変えた体験談

こんにちは!英語ライフサポーターのぬまたゆみです!

最近、「海外に行きたいけどなかなか踏み出せない・・・」

というワーホリ希望者と話す機会がありましたが

私としては海外に行きたい!と少しでも思ったとしたら絶対行った方がいいと思いますし、行くことをオススメしています。

たとえ短期間だったとしても、海外で経験できることや学べることは、決して日本ではできないし、必ず自分の成長に繋がるからです。

このように、ワーホリに行きたいけど一歩踏み出せない・・・と悩んでいる方が多いことから、ワーホリ経験者へインタビューして記事にすることに決めました!

ワーホリ先輩たちの経験談ほど心強いものはありません。

ぜひこれからワーホリに行きたいと思っている人の背中を押す事が出来たら嬉しく思います!

今回はドイツへワーキングホリデーに行った経験があるサオリさんから、

✔︎ なぜワーキングホリデーに行こうと思ったのか?
✔︎ 自分が行った国とワーホリ中の一番の思い出は?
✔︎ ワーホリに行く前にしておいたほうが良かったことは?
✔︎ ワーホリに行って自分がどう変わったか?
✔︎ これからワーキングホリデーに行く人へ

というテーマでお話をお伺いしました。

海外に行きたい!住んでみたい!ワーキングホリデーに興味がある!と思っている方、ぜひ参考にしてみて下さいね♡

ワーキングホリデーに行った理由

30歳になるまでに、必ずどこかの国に行きたいと考えていました。

大体どこの国も30歳前後という年齢の制限があったからです。

英語が得意で、英語を生かしながら他の国の言葉も学べる環境を探しました。

私が滞在していたのはドイツです。

ドイツの首都であるベルリンは、移民が多く、様々な国の方がいました。

そのため、中心地ではドイツ語よりも英語が飛び交っていました。

逆に中心地から少し離れた静かな地域では、英語は全く通じず、ドイツ語のみの地域もあり、とても面白かったです。

海外に滞在をするのは、日本で過ごすのと同じように(国によってはそれ以上もそれ以下も)お金がかかります。

ワーキングホリデーのVISAは、大体月にいくら稼いで良いという基準がありますが、ドイツでは週2・3回出勤が出来るほどの基準がありました。

働きながらも、海外生活も楽しめると思い、決めました。

ワーホリに行った国と一番の思い出

私が滞在していた国は、ドイツの首都ベルリンです。

一番の思い出は、ワーキングホリデーVISAを利用した職探しです。

ドイツですから、ドイツ語が必須です。語学学校に3か月ほど行き、その後あらゆるサイトを駆使して探しましたが、私のドイツ語レベルでは就職先がかなり限られます。

毎日求人情報とにらめっこしましたが、探し始めて3か月はどこにも応募することが出来ませんでした。

しかし、日本人の友人の紹介でなんとか日本食レストランで働けることになりました。

日本食レストランといっても、ドイツ人のスタッフも多かったことから、語学の勉強もできると思い、働かせてもらいました。

せっかくその国で一度しか利用できないワーキングホリデーで滞在するのであれば、やっぱりこの仕事探しはとても重要になります。

 行く前にしておいたほうが良かったこと

現地の情報、現地の求人情報の確認です。

初めは、「行ってみないとわからない」と思い、出発前にあまり確認をしていませんでした。

しかし、現地について観光や手続き、現地になれるためのことや語学学校に通っていると、求人情報を集めている暇もありません。

気づいたらもうワーキングホリデーの期間が半分過ぎてしまっていた・・・なんて方の話も聞いたことがあります。

この地域でワーキングホリデーを利用したい!と決めることが出来れば、語学の勉強と共に、出来るだけ情報集めをすることが大事です。

今はどんな情報もネットにある時代ですから、「○○(行きたい地域名)掲示板」と検索すれば、主要地域であれば存在すると思います。

実際現地に滞在している日本人の方と知り合うのも、一つの手だと思います。

 ワーホリ経験後の自分の変化

ワーホリを経験したことで、何もかも受け入れる大きな心を持てるようになりました。

ワーホリは1年間あります。ただ旅行するのとは訳が違って、住むための手続きや家探しなど大変なことが沢山あります。

働き方の違いや、文化の違いを受け入れるのにも時間がかかる方もいると思います。

ただ、学びに来ていることを忘れませんでした。

海外にいると、日本では絶対にありえないような出来事に毎日出会います。

こんなことが起きるんだ!こんな人がいるんだ。こんな文化があるんだ。

毎日毎日が発見の嵐です。

日本で社会人を経験していた私は、日本のお堅い社会がとても嫌いです。

帰国して、やっぱり日本は・・と感じることもありましたが、それでも、前よりかはすんなり受け入れることが出来ていると思います。

これからワーキングホリデーに行く人へ!

間違いなくお伝えしたいのは、行きたいなぁ・・と少しでも迷ったら、是非利用してください。

働かなくても、ただ遊びたいだけという理由でも構いません。

1年間もその国のことを知れる機会があるんです。

大体どの国もワーキングホリデーであれば、基準はそこまで高くないと思います。

お金さえ余裕をもって準備さえ出来れば。

1年間なんて本当にあっという間ですが、だからこそ一生懸命生きて、この場所で成長するんだという思いが大きくなります。

何度もお伝えしますが、ワーホリはその国で利用できるのはたった一度だけなんです。

何かを得ようと必死にならなくても、必ず、人生の良い経験になるのは間違いありません。

人よりも沢山引出しが増えて、今まで出会えなかったような人と繋がれたりもします。

語学の勉強だけではなく、程よくその国のことも知れて、必ず人生の良い経験になるのがこのワーホリの制度だと思っています。

迷っているのであれば、今からでもぜひ行く方向で準備を進めてくださいね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワーホリにノートパソコンは必要?海外使いにおすすめはどれ?

ワーホリが辛い!帰りたい?途中帰国でもあなたは負け組ではない!

【ワーホリでオーストラリアに行きたい人必見!】ワーホリと英語で人生を変えた体験談

【ワーホリでカナダに行きたい人必見!】海外で人生を変える

ワーキングホリデーに行くメリットは?25歳なら海外で人生を変える経験を

【オーストラリアワーホリ体験談】まだ年齢なんて気にしてるの?